【ゼンハイザー HD800S HD820】自宅で最高の音を! 20万円の高級ヘッドホンとはどんなものなのか わかりやすく紹介します!

  • URLをコピーしました!

ゼンハイザー公認YouTuberの「ららまろ」です。

知っていますか?

実は、コロナウイルスの影響もあり、お家時間を楽しめるヘッドホンの需要が高まっています!

お家で楽しむ場合は、ワイヤレスではなく有線で音質を重視すべきです。

音質の良いヘッドホンといえば 、創業75年の歴史があるドイツの音響機器メーカー「ゼンハイザー」

本記事では、世界的に有名なゼンハイザーの高級ヘッドホンを簡単にご紹介します!

映像で見る!

YouTubeでも紹介してます!

created by Rinker
ゼンハイザー(Sennheiser)
¥498,000 (2022/12/08 16:38:29時点 Amazon調べ-詳細)
ご貸与

本記事は「ゼンハイザージャパン株式会社」から商品をお借りして制作しています。

目次

高級ヘッドホンの代表格「ゼンハイザー HD800S」

高級ヘッドホンと言えば、ゼンハイザーのHD800Sと言われるほど、非常に人気のヘッドホン。

開放型のヘッドホン

ゼンハイザー HD800S開放型のヘッドホン

メッシュで保護されているが、密閉されていない。
開放型ヘッドホン?

開放されているため
・音漏れする
・遮音性がない
などのデメリットもあります。

ですが密閉されていない分、とても広い空間で広がりのある音質を楽しむことができます!

世界初の「開放型ヘッドホン」もゼンハイザー

1968年に発売された、世界初の開放型ヘッドホンは「ゼンハイザー HD 414

ゼンハイザーは開放型ヘッドホンのパイオニア的存在です!

革新的なリング状のダイアフラム

音を鳴らす重要なパーツであるドライバーは、真ん中に穴が開いたリング状になっています。

リングダイアフラムとは?

56mmと大きいドライバーであるため、低音に有利!

しかし、分割共振が発生しやすく、高音が不鮮明になるデメリットが。

そこで、真ん中に穴をあける革新的なリング状のドライバーでそのデメリットを解消!

これにより、高音から低音までとても綺麗でクリアな音を聴くことができます。

全く壁を感じないリアルな音質

初めて聴くと、その空間の広さにビックリします。

全く壁を感じない、どこまでも伸びていく音は聴いていて、とても気持ちいいです!

空間表現がとてもリアルで、ライブ音源との相性は抜群!

解像度も非常に高く、一音一音しっかりと聴きとることができます。

解像度が高いと音の距離が近いように感じることがあるが、ゼンハイザー HD800Sは解像度が高いのに空間も広い!

解像度と空間の広さを両立できているのが素晴らしい。

密閉型高級ヘッドホン「ゼンハイザー HD820」

密閉型ながら、開放型のような空間の広さが特徴的の「ゼンハイザー HD820

密閉型のヘッドホン

ゼンハイザー HD800Sが開放型であるのに対して、ゼンハイザー HD820密閉型。

自分ながら良い笑顔
密閉型のヘッドホン?

密閉されているため
・音がこもりやすい
・空間が狭くなりがち
などのデメリットもある。

ですが、密閉されている分、より迫力のある音質を楽しむことができます。

革新的なガラス製のカバー

ゼンハイザー HD820は、強化ガラスで覆われており、中のリング状ドライバーが見えるようになっているのがかっこいい!

しかも、このガラス製のカバーは見た目のためだけではないのです。

ガラスで音を特定の場所にあえて反射させて、それを減衰チャンバーで吸収するという革新的な構造になっています。

これにより、密閉型のこもる原因である反射を抑えることで、とてもクリアな音質を実現しています!

密閉型と開放型の良さを合わせたような音質

初めて聴くと、ゼンハイザー HD820も空間の広さに驚きます。

密閉型なのにこの空間の広さは凄い!

もちろん密閉型らしい力強さも感じられ、密閉型と開放型の良さを併せ持ったような音質です

ロックや最近流行の打ち込み系の楽曲は、ゼンハイザー HD820の方がより楽しく聴ける印象があります。

ヘッドホンアンプは、ゼンハイザー HDV820を使用しました。

本記事で使用したゼンハイザー製品

created by Rinker
ゼンハイザー(Sennheiser)
¥498,000 (2022/12/08 16:38:29時点 Amazon調べ-詳細)
映像で見る!

YouTubeでも紹介してます!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次